3代目みす垣、光悦寺垣、袖垣
小金井 O様邸

現在設置されていた、みす垣、光悦寺垣、袖垣は2代目ということで、
柱の根元及び部材が腐り、応急処置が施されていました。
今回3代目と言う事で2代目の形状、見てくれは変えず部分的に新しい部材を取り入れました。
竹の寸法、間隔は前回の物とは多少変えてあります。仕上がりはすっきりとしていてその場所に合い、御施主様からは大変喜ばれました。

今回の作業で苦労した点はおのおの柱を栗の原木、長さ約3m径15㎝、18cm、21cm
と使用する垣根によって太さを変え、まず丸太から四角柱に次に八角柱へとナグリ仕上げをした事でした丸太は全部で13本1日2~3本を仕上げると握力がなくなり、5月の連休は1日おきの作業でなんとか仕上げました。

現場での作業では光悦寺垣のかまち部分の竹穂の穂作で曲りを修整し、長さをそろえ、数量をきめ束にして下準備をしたことだと思います。

履行場所 東京都小金井市
契約期間 2019年5月~2019年6月
発注者 小金井市 O様